賃貸物件を探す時に、家賃などの費用面で考えるべきことなどを、幾つかの例から注意点を書いてみました。

賃貸物件を借りる時は、周辺の商業施設やお店も要チェック。



賃貸物件を借りる時は、周辺の商業施設やお店も要チェック。

賃貸物件を探す時の経費などの費用

賃貸物件を探して引っ越しをする場合に、予算ということを考えて、自分なりに決めますが、予算面では、家賃と敷金礼金などだけで考える場合が多いと思います。他に考えるとすれば、引っ越しの費用をできるだけ安くしておくとかぐらいでしょう。しかし出費という面から考えると、収入は決まっていますので、出費も固定費として一括して、家賃なども考えるべきではないかと思います。管理費や共益費等がある場合は、それも家賃ですし、電気代やガス代、水道代も、結局は家賃に含めて考えるようにすると、毎月かかる家賃だけということではなく、1月にかかる固定費として家賃を考えて、収入から支出できる範囲を決めるべきでしょう。

そうしておけば、家賃の錯覚にとらわれなくてすみます。あくまでも自分の総合的な資産から、毎月の必要な経費が差し引かれるという考え方をすると、自分の家計も考えやすくなります。例えば引越し先が、電気代が掛かり過ぎる住まいだということもありますし、部屋が暗く寒ければ、昼間でも電気をつけますし、エアコンも余計に使います。風通しが良くて涼しければ、夏でもエアコンの消費が少くてすみ、電気代が抑えられるとかです。そのような細かいことも考えると馬鹿になりません。